サイファーマがサイバー脅威インテリジェンス分析プラットフォーム(CAP v2.0)を発表
2019-07-25

2019年7月25日 東京/シンガポール

サイファーマは、予兆検知型で、顧客に対する関連性が高く、緊急度の優先順位付けをしたサイバー脅威ビジビリティとインテリジェンスの製品およびサービスの提供により、特定企業や組織に対するサイバーリスクとサイバー脅威を明らかにするというビジョンを持ったサイバーインテリジェンス分析企業です。
サイファーマは、本日、人工知能(AI)と機械学習エンジン駆動のクラウド型のサイバー脅威インテリジェンス分析プラットフォーム(CAP)v2.0 のリリースを発表します。

CAP によりお客様企業や組織は以下の機能を活用することが可能になります。
さまざまな情報源から収集した脅威情報をリアルタイムで集約し、相関分析する機能を持つCAP は、特定企業や組織に対して発生する可能性が最も高いサイバー攻撃の予兆を検知し、最も効果的な推奨対応策を提供します。これにより、サイバーセキュリティ体制を最新かつ柔軟で、次に起こるサイバー攻撃に即応できる状態を企業や組織にもたらすことにより、サイバー攻撃への組織的な備えを強化することができます。

CAP v2.0 モジュールの紹介:

CAP v2.0 は特定の難しい脅威の痕跡を収集、分析し、ハッカーグループ、活動の動機、リスクスコア、実行されているハッキングキャンペーン、攻撃の深刻度などを、継続的に関連付けを行います。

クマー リテッシュ、 Chairman & CEO, CYFIRMA Holdings.

本発表に際し、サイファーマの会長兼 CEO クマール リテッシュは、次のように述べています。
「サイファーマの目標は、予兆検知に基づく脅威ビジビリティとインテリジェンスを提供し、お客様のサイバー施策のすべての機能にインテリジェンスをシームレスに統合することです。サイファーマは、機械学習と AI エンジンの活用により早期にサイバー攻撃の予兆を特定し, 潜在的な脅威の発生可能性、深刻度、影響を確率予測モデルで分析し、近い将来に発生する可能性が最も高い潜在的なサイバー攻撃を予測します」

また本プラットフォーム発表にあたり、株式会社東芝様より以下のコメントをいただいています。

株式会社東芝 サイバーセキュリティセンター センター長 天野 隆様
「株式会社東芝は、CYFIRMA Cyber Intelligence Analytics Platform v2 (CAP v2)の正式リリースを心より歓迎いたします。
日本を標的とした高度なハッカー集団によるサイバー攻撃は日々激化しており、社会インフラに携わる事業者としてそれら脅威への未然の対策が急務となっています。東芝のCyber Defense Management Platform (CDMP)は、CYFIRMAのCAP v2から提供されるインテリジェンスと連携することにより、攻撃者の動向や活動、攻撃の予兆を未然に察知し、東芝のIT/OT環境に適した効果的かつ効率的なサイバーセキュリティ対策を実現できることを期待しています。」

CAP v2.0 の詳細についてはこちらのフォームよりお問い合わせください。
サイファーマウェブサイトの「製品・サービス」ページからもサイバー脅威インテリジェンス分析プラットフォーム(CAP)の概要をご覧いただけます。>
https://www.cyfirma.jp/products-services/platform/


サイファーマについて:
シンガポールと東京を拠点とするサイファーマは、機械学習と人工知能(AI)を駆使した独自のサイバー脅威分析プラットフォームにより、膨大な情報源から脅威情報を収集し、脅威情報間の関連性を分析することにより、包括的なサイバー脅威ビジビリティとインテリジェンスの製品およびサービスを提供するサイバーセキュリティ企業です。 」

サイファーマは Goldman Sachs および Zodius Capital から出資を受けています。

公式ウェブサイト:https://www.cyfirma.jp/ および https://www.cyfirma.com/